<曽我部恵一BAND TOUR2009 ハピネス!>@高知 X-pt.

昨日は高知へ行ってました。
帰りはバンドワゴンに乗せてもらい高速丸亀で降ろしてもらった。
タクシー呼ぼうかなぁ?と思ったけど、物販が売れた訳でもないただのもじゃもじゃ貧乏だ!!俺は。と思い直し夜中の道をひかれそうになったり、へこたれそうになったりしながら約一時間半かけ帰宅。過酷さとイボ蛙の低音が色んな思いを薄め払拭してくれた。
グォゥー、グォゥー、グォゥー、グォッ。

歩きながら思い出した事があった。
昨夜全然売れない物販スペース(島津田四郎コーナー)へやって来て、優しい力強い目で真っ直ぐに僕を見て「CD買います。」と。緊張感があり気持ちが入ってるのが伝わってきて僕のライヴより全然面白い瞬間だと思った。負けました。Hey.you win!!だ。
その場ではうまく答えられなかったけど有難う、救われました。

公園で描いて貰った似顔絵、10分200円。
最高ー、またどっかで描いてもらおっと。

名刺サイズのビラ~

今朝は友だちが置いてった≪JAKSON 5 REMIXES≫を聴いてます。朝から気分良くなってます。がしかし先程偶然にもM・ジャクソン心配停止死亡説のニュースを目にしました。今CDでは楽しそうに歌っているけど、50歳のマイケルが心配だなぁ。

今日は高知まで唄いに行きます。
<曽我部恵一BAND TOUR2009ハピネス!>@高知 X-pt.のオープニングアクトで唄わせてもらいます。
昨日急いで作った名刺サイズのビラを今夜配る予定です。ただMAILとこのにっきのアドレスを書いただけなんだけど自分の顔写真を貼り付けたり図工みたいで楽しかった。もらってここまで辿り着いてくれたら嬉しいなぁ。
そんなこんなで今日も暑そー

「でもでぇ~」

今朝は≪ブラザーズ・フォア≫が唄うビートルズを聴きながら。

突然ですが「でもでぇ~」が僕の口癖だと最近判明しました。でもでぇ~、「でもでぇ~」って否定的もしくは相手の話に生意気に意見するのに使用するやん。
周りの人たちに『またこいつ「でもでぇ~」言よるわ。』って思われとるかも…
よってここにて「でもでぇ~」を封印します

【LIVE告知】
http://roserecord.exblog.jp/
↑<曽我部恵一BAND TOUR2009 ハピネス!>あさっての6/26(金)@高知 X-pt.のオープニングアクトで唄わせてもらいまーす。
(18:30open/19:00startですが、オープニングアクトは19:00以前にスタートする可能性がありますので、みなさまの早めのご来場をお待ちしております!!)

ギターと声

今朝は≪PRINCE≫を聴いてます。以前に曽我部さんが聴けば良いよと薦めてくれたので。
色んな音が聴こえてきますな~。
一方僕のCDはファーストもセカンドも声とギターだけ、もうこれは一つの挑戦だなと最近思いだしました。全編弾き語りのアルバム、最も古典的な方法でありながら今それを続けると言うのはかなりのオリジナリティーだと信じて掘り下げていきたいなぁ。
やってる事は戦前のブルースマン(ギターと声だけ)がマイクに向かうのとそう変わらない、けどそう考えると不思議に勇気が湧いてくる。
ローズスタジオのマイクは超高級品、よってセカンドはギターの音が良い。これはセールスポイントの一つです。戦前のブルースマンには真似出来まい、へっへっへっ。

7/17発売、島津田四郎 2ndアルバム『つぶやきタシロー』

http://roserecord.exblog.jp/
↑ジャジャ~ン、セカンドアルバム『つぶやきタシロー』のジャケットがドド~ンと発表されましたー。今月の頭に香川県で撮っていただきました。場所どこでしょーか??
ま、ひとつ。いや、とりあえず一枚宜しくお願い致しますわ。

島津田四郎 2nd アルバム
『つぶやきタシロー』
7月17日発売 ¥2,100(税込)ROSE86

01. ライオンガオゥー
02. 迷子
03. 情けなくて頼りにならない男
04. 大家族
05. 走る自転車 走る自動車 走る電車
06. ファンファンファファン
07. そう!! それは事の発端
08. 俺の好み
09. 口内炎
10. 神妙な表情で
11. いやだからこそでもまさかそんな
12. カ_ラ_フ_ル
13. チャンスはピンチの過去形
14. ねぇ
15. 空にゃ星
16. もしも、良い子でいてくれたら…
17. 南風
18. テックテクテク歩く
19. ニヤニヤマニアニヤニヤニヤマニア
20. おやすみ
21. どうも、島津田四郎です。

***

島津田四郎、2年ぶりのニューアルバム。
日本のミナス・香川県出身の純朴実存空想超絶シンガーソングライター島津田四郎。
あいかわらず、ふしぎ。
あいかわらず、ほのぼの。
あいかわらず、あいかわらずの、やさしい歌たち。

曽我部恵一