おじいちゃんにはなってもいいけど、おじさんにはなりたくないんだなぁ

うぅー寒い。ブランケットじゃ物足りなくなってきたしそろそろこたつを用意せねばだな。
おはよう御座います。
今朝は≪ピンク・フロイド≫プログレッシブ・ロックって奴を聴いています。壮大なイメージだな。そう言えばその昔≪キング・クリムゾン≫のCDをジャケ借りし変な強烈ドアップ顔をスケッチブックに描いた事があったな。音楽は全然覚えてないけれども。

昨夜みた変な夢。
舞台は実家だった。部屋の中で座っていると窓から縁側を誰かが横切ったのが見えた、しばらくすると今度はさっきとは逆方向に横切る人影。行って帰っている。
庭を見てみると立ちしょんべんをしたらしき形跡があった。その人は観た事がある人物だった、何故か分からないのだが‘オードリーの春日’だったのだ。
勿論すぐ家の人に知らせた。
その後どう展開したのか?いや場面がとんだのか?ちょっと思い出せないのだが皆で家の中で談笑していた。
内容は…  ぅう、思い出せねぇ。。。

最近言いたい書きたい言葉がポンポンと出てくれない現象が起こっている、ただの老いかいな。おじいちゃんにはなってもいいけど、おじさんにはなりたくないんだなぁ。何でかな?

“おじいちゃんにはなってもいいけど、おじさんにはなりたくないんだなぁ” への2件のフィードバック

  1. カレイシュウはまだ大丈夫でしょうが!!
    ちょっと不安。今度嗅いで下さい。
    もう一度言いますが、おじさんにはなりたくないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です